コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オムニバスタウン計画

1件 の用語解説(オムニバスタウン計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オムニバスタウン計画

バスの利便性を向上させることで、自動車からバスへの利用転換を促し、渋滞の解消や環境に優しい交通網整備に取り組む試み。97年に旧運輸省警察庁など3省庁が連携して創設された制度で、これまでに仙台市など12都市が指定され、補助金を受けている。「オムニバス」とはバスの語源で、「何の用にでも役に立つ」という意味。

(2007-02-27 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オムニバスタウン計画の関連キーワードアサインキーカスタマイズホームオートメーションリノベーション乾燥材進達利便性枝肉冷却食事指針次世代自動車

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone