コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オメガ・ケンタウリ星団 オメガケンタウリせいだんω‐Centauri star cluster

世界大百科事典 第2版の解説

オメガケンタウリせいだん【オメガ・ケンタウリ星団 ω‐Centauri star cluster】

NGC5139。南天のケンタウルス座にある球状星団。15′あまりに広がっていて,全体の明るさが3.6等級と大きくて明るい球状星団である。肉眼でも見える天体であるので,ケンタウルス座のω星という星の名まえがつけられている。星団は数万個の星々で構成され,球状を呈しているので球状星団と呼ばれている。あまりに多くの星々が密集しているので,中心部分では個々の星を分離して観測できない。この星団の星々は,銀河系が誕生してからまもない百数十億年前にできたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オメガ・ケンタウリ星団の関連キーワードオメガ・ケンタウリ星団ケンタウルス座ケンタウルス座星団オメガ・ケンタウリ星団

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android