コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヨン オヨン Oyun, Erdenebatyn

2件 の用語解説(オヨンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヨン
オヨン
Oyun, Erdenebatyn

[生]1918
モンゴル女流作家。 1957年にウラーンバートル大学を卒業後ソ連に留学し,モスクワ大学で文芸学を専攻,学位候補生の称号を得た。 1940年代から作家活動を始め,『兄弟たち』 Ax düü nar (1943) ,『同志の会見』 Nöxdijn uulzalt (45) などの戯曲,『紅衣の乙女は誰』『郵便屋さんツェルマー』などの短編小説を発表し,46年には文学賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヨン
およん
Эрдэнэбатын Оюун Erdenebatn Oyuun
(1918― )

モンゴルの劇作家。中学卒業後、芸術関係の仕事に従事し、1930年代には劇場のためにロシア語の脚本を多く翻訳した。国立ウランバートル大学を卒業後、ソ連演劇高等専門学校の専攻生として学んだ。創作は39年から始め、戯曲に『包(ゲル)の聚落(しゅうらく)』(1942)や『兄弟たち』『友の会合』、短編小説に『郵便配達人ツェルマ』(1957)や『春の一夜』がある。『包の聚落』は、それまで歴史劇中心の演劇を、生きた現代劇として脱皮誕生させた傑作としてモンゴル演劇史上重要な一里塚をなすものであり、その功績は大きいとされている。[荒井伸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オヨンの関連キーワードモンゴル文字イット女流作家達延汗蒙古戈壁LMモンゴメリーモンゴル国際マラソンヤマダモンゴル磯野富士子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オヨンの関連情報