コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オラニエナッサウ家 オラニエナッサウケ

デジタル大辞泉の解説

オラニエ‐ナッサウ‐け【オラニエナッサウ家】

Oranje-Nassau》オランダの王家。16世紀に、ドイツのナッサウ家が南フランスのオラニエ家を相続してからの家名。オランダ総督を輩出し、1815年の王国成立によって王家となる。名誉革命後のイギリス国王ウィリアム3世も同家の出身。オレンジ家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オラニエナッサウけ【オラニエナッサウ家】

オランダの王家。一六世紀にドイツのナッサウ家が、南フランスのオランジュ(オラニエ)領を継いでよりの家名。オランダ総督をしばしば輩出し、1815年の王国成立により王家となる。オレンジ家。 → ウィリアム(三世)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

オラニエナッサウ家の関連キーワードオランダ総督ウィリアムナッサウ王家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android