オラーコジン(英語表記)aulacogene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オラーコジン
aulacogene

卓状地の基盤岩層を切断する大規模な断層によって区切られた,変動性の大きい帯状の凹地。幅は数十km,延長は 700~800kmに達する。この凹地に堆積した地層は 7000~8000m前後と非常に厚く,褶曲している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android