オリジン電気(読み)オリジンでんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリジン電気
オリジンでんき

電源装置を中心としたメーカー。 1938年設立。 52年に富士電炉工業より現社名に変更した。半導体,塗料などの分野に多角化を進めている。アメリカからの技術導入も積極的である。近年は, CD-R,DVD向けの保護膜塗布装置が伸びている。売上構成比は,電源機器 46%,特機 26%,合成樹脂塗料 12%,半導体7%,ベアリング5%,溶接機4%。年間売上高 433億 3800万円 (連結。うち輸出 31%) ,資本金 61億 300万円,従業員数 1043名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

オリジン電気

正式社名「オリジン電気株式会社」。英文社名「Origin Electric Co., Ltd.」。電気機器製造業。昭和13年(1938)「富士電炉工業株式会社」設立。同27年(1952)現在の社名に変更。本社は東京都豊島区高田。電源機器メーカー。通信施設用電源装置が主力。システム機器・合成樹脂塗料などの製造・販売も行う。東京証券取引所第1部上場。証券コード6513。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android