コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルガン [organ] オルガン

1件 の用語解説(オルガン [organ]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

オルガン [organ]

ただオルガンといえば、通常パイプ・オルガン(Pipe Organ)を指す。パイプ・オルガンは多数の管に空気を送り込み、管内の空気かリードの振動によって発音する。2段以上のマニュアル(手鍵盤)と1段のペダル(足鍵盤)をもち、空気を送り込むパイプを選択するストップ(一種のスイッチ)の切り替えによって、音色・音質を変化させる。その歴史は紀元前にまでさかのぼる。その最初期の形は、数本のパイプを口で吹いて演奏するパン・パイプスであった。パイプの機構や鍵盤の形態、配列など様々な経過を経て、15世紀の終わりまでには原則的に現在のような形に至った。7世紀半ばにはキリスト教会で会衆の歌唱指導に用いられたとの記録が残っているが、当時のオルガンは単旋律を受け持つだけだったと考えられる。鍵盤楽器のための多声的作品の最古の記録は14世紀のものであるが、まだ各種鍵盤楽器の独自性は確立しておらず、オルガン、ハープシコードなどの鍵盤楽器でも演奏できるものが書かれている。17~18世紀前半はオルガンの黄金時代といえる。バッハヘンデルらが数多くの作品を書いたこの時期に、オルガンは音響的にも演奏技法的にもその特質をはっきりと表し、独自の表現能力を備えた独奏楽器として、また、通奏低音楽器として確固たる地位を築いた。しかし18世紀半ばに現れたピアノ、一般的な音楽的趣味の変化(対位法的な曲よりもきれいな旋律と和音の音楽へ)の影響で、オルガンは教会の中では依然重要な楽器であり続けたが、一時期作曲家の興味を引かなくなっていた。19世紀に再びバロック時代のオルガン音楽音楽家や学者に注目されるようになり、メンデルスゾーンリストフランクらによって新たな演奏会用の作品も書かれるようになった。ロマン派の時代のオルガンは、弦の音色を模倣したパイプが作られるなど、音色の面でも音楽構造の面でも次第に管弦楽を模倣する色彩的な傾向が強くなったが、それに対してオルガン独自のあり方をバロックの伝統の上に求める“オルガン運動”と呼ばれる動きが20世紀のドイツから起こった。今世紀には、ヒンデミット、シェーンベルク、メシアンらがオルガン独自の可能性を発揮させるような現代的書法の作品を書いている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルガン [organ]の関連キーワードオルガナイザーオルガヌムオルガンオルガニズム純正調オルガンパイプオルガンハモンドオルガンリードオルガンオルガンコラールストリートオルガン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone