オルケスタ・ティピカ(英語表記)orquesta típica[スペイン]

世界大百科事典 第2版の解説

オルケスタ・ティピカ【orquesta típica[スペイン]】

〈標準的な楽団〉の意味。一般にアルゼンチン・タンゴの用語と解されているが,タンゴに限らず,ラテン・アメリカの各種の音楽で使われる。それぞれの国もしくは文化圏の独特の民俗音楽のサウンドを作り出すための楽器編成を意味し,タンゴの場合は,バンドネオン3~6,バイオリン3~6に,ピアノ,コントラバスを加えた合計10人くらいの編成がそれに当たる。【中村 とうよう】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオルケスタ・ティピカの言及

【タンゴ】より

…1917年に《わが悲しみの夜》を歌って以来アルゼンチンのアイドル歌手となったカルロス・ガルデールにより,水準の高い歌謡としてのタンゴが普及したことも見落とせない。楽団演奏はバイオリン,バンドネオン(それぞれ2~6),ピアノ,コントラバスの編成(これを標準楽団の意味で〈オルケスタ・ティピカorquesta típica〉という)が定型化し,20年代までに《ラ・クンパルシータ》(マトス・ロドリゲスGerardo Hernán Matos Rodríguez作曲。1917年レコード化)など古典的名曲の数々が作られるとともに,演奏スタイルの型も完成された。…

※「オルケスタ・ティピカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android