コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルジェイ・テムル Öljei Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルジェイ・テムル
Öljei Temür

[生]?
[没]1412
モンゴル,北元第8代のカガン (在位 1408~12) 。オイラート (瓦剌) の手を逃れ,1398年アフガニスタンのカブールに駐営していたチムール (帖木児) のもとに亡命,チムールの宮廷ではタイジ・オグラン (皇太子) の名で知られている。チムールの死後,1408年モンゴルに帰り,アルクタイ (阿魯台) らに擁立され,鬼力赤 (きりょくせき) に代ってカガン位につき,プニヤシュリー・ハンと号した。新しい指導者を迎えて北元は再び勢力を盛返すかにみえたが,この形勢を憂慮した明の成祖永楽帝の「五出三犂」と呼ばれる5回の親征を受けて衰退し,この結果オイラートのマハムードの勢力が強まり,12年プニヤシュリー・ハンは殺され,第9代ダルバク・ハンがマハムードによって立てられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オルジェイ・テムルの関連キーワードアルクタイ(阿魯台)

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android