コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルデンバルネフェルト オルデンバルネフェルトOldenbarnevelt, Johan van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルデンバルネフェルト
Oldenbarnevelt, Johan van

[生]1547.9.14. アメルスフォールト
[没]1619.5.13. ハーグ
オランダの政治家。富裕な市民の出身。ハーグで法律を学ぶ。 1576~86年ロッテルダム市の法律顧問,86年以後ホラント州議会の法律顧問。オランニェ公ウィレム1世 (沈黙公) に従ってオランダの独立運動を指導し,ウィレムの死後はその子マウリッツを助けてオランダ (ネーデルラント) 連邦共和国の基礎を築いた。法律顧問として共和国の首相,外相の権限をもち,96年イギリス,フランスと三国同盟を結んでスペインに対抗し,1609年にはスペインと 12年の休戦条約を結ぶことに成功して事実上共和国の独立を承認させた。しかし,対スペイン戦争の継続を希望するマウリッツおよびカルビニスト派と激しく対立し,18年捕えられて翌年処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルデンバルネフェルト【Johan van Oldenbarnevelt】

1547‐1619
オランダの政治家。ヨーロッパ各地の大学で法律学を学び,1576年ロッテルダムの法律顧問となり,ユトレヒト同盟の結成に参加。86年ホラント州の法律顧問となり,外交・財政を一手に握り事実上オランダ共和国の宰相の地位についた。1609年スペインと12年間の休戦条約を結ぶのに成功し,新生まもない共和国の独立の保持と安定のために優れた手腕を発揮した。政治的には都市貴族・大商人の利害を代表し,宗教的にはカルビニスト穏健派の側に立っていたため,総督のマウリッツ公と対立し,19年に逮捕され死刑に処せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオルデンバルネフェルトの言及

【オランダ】より

…〈海乞食〉(乞食団)の蜂起による反乱側のホラント,ゼーラント両州占拠(1572)を経て,ネーデルラント北部の7州は,1579年ユトレヒト同盟を結成し,81年スペイン人に対する独立を宣言した。反乱の指導者オラニエ公ウィレム1世が84年暗殺されると,オルデンバルネフェルトが共和国の政治を指導し,オラニエ公の遺子マウリッツを指揮官にスペイン軍と戦い,1609年にはスペインと12年間の休戦条約を結んで実質的な独立を達成した。オランダ共和国(正式にはネーデルラント連邦共和国)は独立の達成とともに,ヨーロッパで最も富裕な商業国家になった。…

【オランダ共和国】より

…しかし,執政パルマ公の率いるスペイン軍はユトレヒト同盟に参加した南部の諸都市を征服し,さらに北部諸州を攻略し,84年オラニエ公は暗殺された。ウィレム亡きあと,オルデンバルネフェルトは連邦議会を舞台に北部諸州の団結に心を砕き,オラニエ公の若い息子マウリッツは軍事総司令官として,スペイン軍の占領した諸都市を次々に奪回した。こうして共和国は95年ごろまでに,7州のほぼ全領域を解放して実質的な独立を達成し,1609年スペインと12年間の休戦条約を締結した。…

【マウリッツ】より

…1600年ニウポールトNieuwpoortでも勝利したが,以後はスペインの勇将スピノラAmbrogio Spinola(1569‐1630)の反撃に阻まれた。〈十二年休戦条約〉期(1609‐21)に,〈厳格カルバン派(ホマルス派)〉を支持して,〈アルミニウス派〉と結ぶホラント州議会と対立,その指導者オルデンバルネフェルトを逮捕(1618),翌年処刑した。しかし政治的手腕に欠けて国家統一強化の機会を逸し,戦争再開後は軍事的にもふるわず,暗い晩年に終わった。…

※「オルデンバルネフェルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルデンバルネフェルトの関連キーワードオランダ独立戦争フォンデルオランダ史ハーグ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android