コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルト川 オルトがわOlt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルト川
オルトがわ
Olt

ルーマニアを流れるドナウ川左岸の支流。東カルパート山脈の西斜面に源を発し,南流してのち,トランシルバニア高原の南部を西流し,シビウの南方で南へ方向を変え,南カルパート山脈にオルト渓谷を刻みながら流下,ルーマニア平原へ出て,ドナウ川へ注ぐ。全長 736km。おもな支流はネグル,ブルサ,チビン,ロトル,オルテツ,トポログの諸川。オルト渓谷は両岸に絶壁が迫り,景勝地,避暑地が多く,古戦場や古い修道院などの歴史的遺跡も多い。かつては筏流しが行われていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルト川
おるとがわ
Olt

ルーマニア南部の川で、ドナウ川の支流。ルーマニア中部、ブラショフ北方のカルパティア山脈中に源を発し、南流してのちトランシルバニア・アルプス北麓(ほくろく)沿いに西流し、ネゴイ山(2543メートル)西方でトランシルバニア・アルプスを横断して南下し、ワラキア平野を流れてツルヌ・ムグレレTurnu Mgurele付近で著しく蛇行しながらドナウ川に注ぐ。全長709キロメートル、流域面積2万5000平方キロメートル。ドナウ川沿岸は低平で、バルタBaltaとよばれる多数の湖沼が残る。[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オルト川の関連キーワードワラキアボグザ

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android