オルドス(鄂爾多斯)部(読み)オルドスぶ(英語表記)Ordos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルドス(鄂爾多斯)部
オルドスぶ
Ordos

モンゴルの部族名。 15世紀後半以後一部モンゴル人がオルドス地域に根拠を据え,ダヤン・ハン (達延汗) の3男バルス・ボロドがダヤンの右翼の統率者として活動し,次いでバルスの長子グンビリクがオルドス部の祖となった。チンギス・ハンの遺品を伝える八白室 (室は ordo,宮殿のこと) がこの地にあるところからオルドス部と自称。これからオルドスの地名が生れた。オルドス部はアルタン (俺答) を出してモンゴル諸部を支配し,明にたびたび侵入 (いわゆる北虜) ,強勢力を保ったが,清朝が起ると服属,伊克昭 (イクチャオ) 盟 (オルドス1部7旗) に編成され,以来中国領となり今日にいたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android