コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルドス(鄂爾多斯)部 オルドスぶOrdos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルドス(鄂爾多斯)部
オルドスぶ
Ordos

モンゴルの部族名。 15世紀後半以後一部モンゴル人がオルドス地域に根拠を据え,ダヤン・ハン (達延汗) の3男バルス・ボロドがダヤンの右翼の統率者として活動し,次いでバルスの長子グンビリクがオルドス部の祖となった。チンギス・ハンの遺品を伝える八白室 (室は ordo,宮殿のこと) がこの地にあるところからオルドス部と自称。これからオルドスの地名が生れた。オルドス部はアルタン (俺答) を出してモンゴル諸部を支配し,明にたびたび侵入 (いわゆる北虜) ,強勢力を保ったが,清朝が起ると服属,伊克昭 (イクチャオ) 盟 (オルドス1部7旗) に編成され,以来中国領となり今日にいたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オルドス(鄂爾多斯)部の関連キーワードボバイの乱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android