オルノ岩(読み)オルノがん(英語表記)ornöite

岩石学辞典の解説

オルノ岩

優白質の閃緑岩で,オリゴクレース角閃石,少量のマイクロクリン,オージャイトなどを含み,石英を含むこともある[Cederström : 1893].一連の岩石類では角閃石の比率が増加するにしたがって長石の種類がオリゴクレースからラブラドライトへと変化する.このように岩石は角閃石斑糲岩へと移行し,長石が減少すると角閃石ピクライトとなる.スウェーデン,ストックホルム付近のオルノ(Ornö)島に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android