コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレグ・タンブリリンガン オレグ・タンブリリンガンOleg Tambulilingan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレグ・タンブリリンガン
Oleg Tambulilingan

インドネシア,バリ島の舞踊。 1952年舞踊家イ・ニョン・マリオによって創作された。オレグは「身体を揺らす動作」,タンブリリンガンは「蜂」の意味。当初女性1人の踊りであったが,のちに男性が加わり,庭で戯れる2匹の蜂の舞踊となった。女性は腰から下げた絹のスカーフをひらひらさせながら軽やかに回り,繊細な手,指の動きで感情のおもむくままを表現する。男性は女性を魅了しようと踊る。戯れから愛が芽生え,2人は顔を近づけて愛撫を表現する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オレグ・タンブリリンガンの関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone