オレグ・タンブリリンガン(英語表記)Oleg Tambulilingan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレグ・タンブリリンガン
Oleg Tambulilingan

インドネシア,バリ島の舞踊。 1952年舞踊家イ・ニョン・マリオによって創作された。オレグは「身体を揺らす動作」,タンブリリンガンは「蜂」の意味。当初女性1人の踊りであったが,のちに男性が加わり,庭で戯れる2匹の蜂の舞踊となった。女性は腰から下げた絹のスカーフをひらひらさせながら軽やかに回り,繊細な手,指の動きで感情のおもむくままを表現する。男性は女性を魅了しようと踊る。戯れから愛が芽生え,2人は顔を近づけて愛撫を表現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android