コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロリン・ツゲネンシス おろりんつげねんしすOrrorin tugenensis

知恵蔵の解説

オロリン・ツゲネンシス

最初期の猿人の一種(華奢型猿人)。ケニア北西部のバリンゴにあるツーゲンヒルで、フランス国立自然史博物館のB.スニュとコレージュ・ド・フランスのM.ピックフォードが2000年に発見。年代は約600万年前と推定されている。数体に属する頭や手足の化石片がある。最近、彼らは、大腿骨の内部構造をコンピューター断層撮影法で調べた結果、大腿骨頸部の緻密質の厚さがチンパンジーのように均一ではなく、現代人のように上方が薄く下方が厚いことを見いだし、オロリンは確かに二足歩行していたと主張している。

(馬場悠男 国立科学博物館人類研究部長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

オロリン・ツゲネンシスの関連キーワードコレージュ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android