オンライン・データベース・システム(英語表記)online database system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オンライン・データベース・システム
online database system

データが蓄積されているコンピュータとユーザー側の端末が通信回線で結ばれ,ネットワークを経由して遠隔地からデータベースにアクセスできるシステム。インターネットの普及により,ユーザーはいながらにして世界中のデータベースから最新の情報を即時に入手できるようになった。通常,ユーザーがデータベースを検索・閲覧する際にはデータベースを運営する事業者などと契約し,データベースにアクセスするための IDとパスワードの発行を受ける必要がある。(→データベース・サービス

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android