コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オークランド諸島 オークランドしょとうAuckland Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オークランド諸島
オークランドしょとう
Auckland Islands

ニュージーランド,サウス島のインバーカーギルの南方約 480km,南緯 51°,東経 166°30′にあるニュージーランド領の火山起源の島群。総面積 606km2。およそ六つの島からなり,1806年に発見された。捕鯨基地に利用されたこともあるが,現在は無人島。オットセイなどが生息する。 1998年バウンティ諸島アンティポディース諸島などとともに,世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オークランド‐しょとう〔‐シヨタウ〕【オークランド諸島】

Auckland Islands》ニュージーランド南方の無人島群。南島の南約540キロメートル、南緯50度41分、東経166度4分に位置する。オークランド島、アダムズ島など火山性の地形をもつ大小八つの島からなる。13世紀頃のポリネシア人による居住跡がある。1806年に英国の捕鯨船に発見され、捕鯨・アザラシ漁の拠点が置かれた。現在、定住者はいない。ニュージーランドアシカ、キンメペンギンなどが生息し、1998年にアンティポデス諸島キャンベル島スネアーズ諸島バウンティー諸島とともに、「ニュージーランドの亜南極諸島」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オークランド諸島の関連キーワードニュージーランドアシカオットセイポリネシア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android