コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストラリアオオガニ Pseudocarcinus gigas; Australian giant crab; Tasmanian giant crab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーストラリアオオガニ
Pseudocarcinus gigas; Australian giant crab; Tasmanian giant crab

軟甲綱十脚目イソオウギガニ科。甲幅約 60cm,重さ 10kgをこえる。淡褐色地に濃い赤褐色の不規則模様がある。甲は横長の楕円形で,甲面は光沢があり,前後に湾曲する。胃域,心域,肝域,鰓域は浅い溝で隔てられている。甲の前側縁は 4葉からなり,それぞれ 2~3歯をもつ。鋏脚は左右不同で,どちらか一方が巨大化している。日本産のタカアシガニよりも甲は大きいが,歩脚は明らかに短い。オーストラリア南東部のタスマニア島近海から南部にかけてのみ分布し,食用とされている。一般に水深 100~180mから得られる。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオーストラリアオオガニの言及

【カニ(蟹)】より

…最小の種は日本産のマメガニダマシで,甲幅2.8mm,はさみ脚を広げても1cmほどであるが,最大の種は日本特産のタカアシガニで,甲幅30cm,雄がはさみ脚を広げると3mを超える。なお甲幅だけではオーストラリアオオガニが60cmで最大。
[生態]
 カニ類は一般に温帯から熱帯にかけての潮間帯,サンゴ礁,大陸棚に多いが,河口やその付近の湿地,淡水域,深海にすむ種もかなりの数にのぼる。…

※「オーストラリアオオガニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オーストラリアオオガニの関連キーワード甲類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android