オーストリア・マルクス主義(読み)オーストリアマルクスしゅぎ(英語表記)Austro‐marxismus

世界大百科事典 第2版の解説

オーストリアマルクスしゅぎ【オーストリア・マルクス主義 Austro‐marxismus】

オーストリア・マルクス主義は,1904年に創刊された科学的社会主義の理論政治誌《マルクス研究Marx‐Studien》や07年に刊行されたオーストリア社会民主党の理論機関誌《闘争Der Kampf》に執筆したオーストリア社会民主主義者たちのなかから発展したマルクス主義的潮流である。この呼称は第1次世界大戦前,アメリカの社会主義者ボーディンLouis B.Boudinにより初めて使用され,その後急速に市民権をうることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android