コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストリア・マルクス主義 オーストリアマルクスしゅぎAustro‐marxismus

世界大百科事典 第2版の解説

オーストリアマルクスしゅぎ【オーストリア・マルクス主義 Austro‐marxismus】

オーストリア・マルクス主義は,1904年に創刊された科学的社会主義の理論政治誌《マルクス研究Marx‐Studien》や07年に刊行されたオーストリア社会民主党の理論機関誌《闘争Der Kampf》に執筆したオーストリア社会民主主義者たちのなかから発展したマルクス主義的潮流である。この呼称は第1次世界大戦前,アメリカの社会主義者ボーディンLouis B.Boudinにより初めて使用され,その後急速に市民権をうることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オーストリア・マルクス主義の関連キーワードアドラー(Viktor Adler)バウアー(Otto Bauer)アドラー(Max Adler)ルドルフ ヒルファーディングフリードリッヒ アードラーヒルファーディングオットー バウアーヒルファディングアードラーレンナー修正主義バウアー

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android