コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストリア・マルクス主義 オーストリアマルクスしゅぎAustro‐marxismus

世界大百科事典 第2版の解説

オーストリアマルクスしゅぎ【オーストリア・マルクス主義 Austro‐marxismus】

オーストリア・マルクス主義は,1904年に創刊された科学的社会主義の理論政治誌《マルクス研究Marx‐Studien》や07年に刊行されたオーストリア社会民主党の理論機関誌《闘争Der Kampf》に執筆したオーストリア社会民主主義者たちのなかから発展したマルクス主義的潮流である。この呼称は第1次世界大戦前,アメリカの社会主義者ボーディンLouis B.Boudinにより初めて使用され,その後急速に市民権をうることになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オーストリア・マルクス主義の関連キーワードアドラー(Viktor Adler)バウアー(Otto Bauer)アドラー(Max Adler)ルドルフ ヒルファーディングフリードリッヒ アードラーヒルファーディングオットー バウアーヒルファディングアードラー修正主義レンナーバウアー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android