コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オータン=ララ Autant-Lara, Claude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オータン=ララ
Autant-Lara, Claude

[生]1903.8.5. リュザルシュ
[没]2000.2.5. アンティーブ
フランスの映画監督。第1次世界大戦中は,熱心な平和主義者である母親とイギリスで過ごした。ロンドンでしばらく教育を受けたのち,フランスへ帰国して美術を学んだ。16歳のときマルセル・レルビエ監督作品の美術部門で働き,ジャン・ルノアール監督らのもとでもセットや衣装のデザインを担当した。ルネ・クレール監督の助監督を務めていた 1923年,初の短編映画を発表。さらに 2本の短編を監督したのち,ハリウッドでアメリカ映画のフランス語版を監督する仕事を得た。1933年に長編第一作 "Ciboulette"を発表。レイモン・ラディゲの小説を映画化した『肉体の悪魔』Le Diable au corps(1947)は,兵士の妻と思春期の少年の関係を軸に,反戦・反体制感情を描き,生涯最高のヒット作となった。1989年極右政党の国民戦線からヨーロッパ議会の議員に選出されたが,反ユダヤ的な発言を雑誌で取り上げられ,同年中に辞任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オータン=ララの関連キーワード日露戦争史(年表)ドビュッシーオブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスマッキム・ミード&ホワイトロシア映画キュリーククルイニクスイ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android