コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オート地向斜 オートちこうしゃ autogeosyncline

1件 の用語解説(オート地向斜の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

オート地向斜

安定地塊の中の沈降の結果による盆地で,背後の高地を伴わない独立した楕円状または舌状の窪地.これを満たす堆積物は炭酸塩鉱物が主である[Kay : 1942, Auboin : 1965, 木村ほか : 1973].ここでは堆積と共に沈降を続けるが,周辺にあるさらに地殻運動の著しい地帯の運動と,オート地向斜の沈降とは関係がなく行われる[木村ほか : 1973].準地向斜(parageosyncline)であり,geosynclineという名称は必要ないという意見がある[Auboin : 1965].残留地向斜(residual geosyncline)も同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オート地向斜の関連キーワード角田盆地傾動地塊剛塊十日町盆地盆地ジュンガル盆地地塊免疫沈降地塊の機械的作用陥没型カルデラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone