コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オート地向斜 オートちこうしゃautogeosyncline

岩石学辞典の解説

オート地向斜

安定地塊の中の沈降の結果による盆地で,背後の高地を伴わない独立した楕円状または舌状の窪地.これを満たす堆積物は炭酸塩鉱物が主である[Kay : 1942, Auboin : 1965, 木村ほか : 1973].ここでは堆積と共に沈降を続けるが,周辺にあるさらに地殻運動の著しい地帯の運動と,オート地向斜の沈降とは関係がなく行われる[木村ほか : 1973].準地向斜(parageosyncline)であり,geosynclineという名称は必要ないという意見がある[Auboin : 1965].残留地向斜(residual geosyncline)も同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

オート地向斜の関連キーワードクラトン内部の盆地

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android