オードゥー(読み)おーどぅー(英語表記)Marguerite Audoux

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オードゥー
おーどぅー
Marguerite Audoux
(1863―1937)

フランスの女流小説家。養育院で成長。農家の下働き、パリでお針子など貧困生活のなかに文学に開眼した。フィリップ、ミルボーに認められて自伝小説『マリ・クレール』(1910)を発表、フェミナ賞を受ける。これは成長期の素朴で真摯(しんし)な感情を清明な文体で語る佳品で、『マリ・クレールの仕事場』(1920)、『町から水車場へ』(1926)の続編があるが、純朴な作風のため時代に忘れられ、不遇のうちに没した。[小林 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android