コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンスカイ(航空自由化)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オープンスカイ(航空自由化)

航空会社が発着空港を選び、国際線の路線や便数を自由に決められる。二国間の協定で国は規制しないと取り決め、日本は09年に米国と合意後、23の国・地域と締結。国内98空港のうち国際線が就航する29空港で発着が順次増えている。成田は3月31日から年間発着枠が27万回に広がり、可能になった。

(2013-05-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

オープンスカイ(航空自由化)の関連キーワードオープンスカイ協定と独占禁止法の適用除外アジア・ゲートウェイ構想オープンスカイ協定ディブ リーブマン国際航空運送協定フランク トゥサチャーター航空日米航空協定信頼醸成措置ハブ空港軍備管理航空輸送空中査察空港改革

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android