コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンソース・ソフトウエア

1件 の用語解説(オープンソース・ソフトウエアの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オープンソース・ソフトウエア

プログラムの内容(ソースコード)がネット上で公開され、プログラマーが自由参加で改良を重ねていく開発方式のソフト。誰でも自由に無償利用できるものが多い。ワードエクセルと互換性のあるオフィスソフトから、不具合が起きた時の支援サービス付きで有償販売される高度なソフトまで、多くの種類がある。

(2006-09-26 朝日新聞 夕刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オープンソース・ソフトウエアの関連キーワードオブジェクトコードオブジェクトプログラム空文セットアッププログラムソースコードソースプログラムプログラマープログラムソースプログラムライブラリーソース・コード

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オープンソース・ソフトウエアの関連情報