コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンプラットホーム おーぷんぷらっとほーむ open platform

1件 の用語解説(オープンプラットホームの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

オープンプラットホーム

他社製品とデータの相互利用や通信を行うことや、広く使われているソフトウエアや部品、周辺機器を利用することを想定したシステムの基本構造。パソコン黎明期は各社が独自規格のOSやハードウエアを差別化要因にしていたが、現在は主流のOSとそれがサポートする標準規格のハードウエアを利用するオープンプラットホームを採用した上で製品の優位性を確立するよう努力している。なお、各種の標準規格のように、技術仕様が広く公開されていて第三者が対応する製品を開発可能である「オープンアーキテクチャー」や、プログラムの内容(ソース)を公開し、開発者コミュニティーによる改良を可能にする取り組みである「オープンソース」などとは区別して考える必要がある。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オープンプラットホームの関連キーワードブルータープロセス間通信ユニキャスト回線交換ACSA商品・製品アウトバウンドデータインバウンドデータデータチェックパケットスイッチング

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オープンプラットホームの関連情報