コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーボエ[oboe / ob] オーボエ

音楽用語ダスの解説

オーボエ[oboe / ob]

オーボエは、ダブル・リード、円錐管の管楽器で、フランス語のhaut(高い、音が大きい)とbois(木)、つまり、“高音の(音が大きい)木管楽器”が語源だといわれる。17世紀中頃に、ショームから今日のオーボエに直接つながるタイプのオーボエが登場したと考えられている。最初期には、キーが3つ(1700年頃には2つに減る)だけだったが、19世紀はじめ頃から、派生音の演奏を容易にするためにキーが追加されていき、現在では16または13個のキーを備えるようになった。2オクターブ半を越える音域で、やや鋭いが、牧歌的で哀愁を帯びた音色をもち、田園的な音楽には欠くことができない。ピッチの調整はあまりできないため、オーケストラなどの音合わせでは、オーボエを基準に他の楽器が合わせることになる。18世紀前半には、オーボエは、大規模な声楽作品やいろいろな器楽作品の中で、幅広く用いられるようになった。ビバルディ、テレマン、ヘンデルらの協奏曲、ソナタ、室内楽が多く書かれた。バッハの受難曲やカンタータにも、同族楽器であるオーボエ・ダモーレや、オーボエ・ダ・カッチャを含めれば、ほとんどの曲でオーボエが効果的に使われている。18世紀後半には、ホルンとともに最初にオーケストラの管楽器セクションに定席をもった。この頃の作品では、モーツァルトの協奏曲(K.314)や四重奏曲(K.370)が重要である。19世紀には、協奏曲は減るが、ベートーベン、シューベルト、ブラームス、ブルックナー、マーラーなどの交響曲や、ウェーバー、ベルリオーズ、ベルディ、ワーグナーらのオペラの中で活躍している。たとえば、ブラームスの「交響曲第2番」の第3楽章では、田園的な素朴な旋律をオーボエが歌い、ワーグナーの「ローエングリン」では、乙女エルザの登場を表す。今世紀に入ると、オーボエのための協奏曲(R.シュトラウス、ボーン・ウィリアムズなど)やオーボエを含んだ構成の室内楽も再び多く書かれるようになっている。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

オーボエ[oboe / ob]の関連キーワードイングリッシュ・ホルン(コーラングレ)[Enモーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調/piano and orchestra(concerto)ミラー(Mitch Miller)ハンスイェルク シェレンベルガーヘルムート ヴィンシャーマンヴァーツラフ スメターチェクヘルムート ウィンシャーマンアンサンブル・ヴィンサントチャールズ マッケラスイングリッシュ・ホルンアルブレヒト マイヤーイングリッシュホルンピエール ピエルロフランソワ ルルーレオン グーセンスハインツ ホリガーオーボエダモーレヘッケルフォーンウィンシャーマンスメターチェク

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android