コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーボエ[oboe / ob] オーボエ

1件 の用語解説(オーボエ[oboe / ob]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

オーボエ[oboe / ob]

オーボエは、ダブル・リード、円錐管の管楽器で、フランス語のhaut(高い、音が大きい)とbois(木)、つまり、“高音の(音が大きい)木管楽器”が語源だといわれる。17世紀中頃に、ショームから今日のオーボエに直接つながるタイプのオーボエが登場したと考えられている。最初期には、キーが3つ(1700年頃には2つに減る)だけだったが、19世紀はじめ頃から、派生音の演奏を容易にするためにキーが追加されていき、現在では16または13個のキーを備えるようになった。2オクターブ半を越える音域で、やや鋭いが、牧歌的で哀愁を帯びた音色をもち、田園的な音楽には欠くことができない。ピッチの調整はあまりできないため、オーケストラなどの音合わせでは、オーボエを基準に他の楽器が合わせることになる。18世紀前半には、オーボエは、大規模な声楽作品やいろいろな器楽作品の中で、幅広く用いられるようになった。ビバルディテレマンヘンデルらの協奏曲ソナタ室内楽が多く書かれた。バッハの受難曲やカンタータにも、同族楽器であるオーボエ・ダモーレや、オーボエ・ダ・カッチャを含めれば、ほとんどの曲でオーボエが効果的に使われている。18世紀後半には、ホルンとともに最初にオーケストラの管楽器セクションに定席をもった。この頃の作品では、モーツァルトの協奏曲(K.314)や四重奏曲(K.370)が重要である。19世紀には、協奏曲は減るが、ベートーベンシューベルトブラームスブルックナーマーラーなどの交響曲や、ウェーバーベルリオーズベルディワーグナーらのオペラの中で活躍している。たとえば、ブラームスの「交響曲第2番」の第3楽章では、田園的な素朴な旋律をオーボエが歌い、ワーグナーの「ローエングリン」では、乙女エルザの登場を表す。今世紀に入ると、オーボエのための協奏曲(R.シュトラウスボーン・ウィリアムズなど)やオーボエを含んだ構成の室内楽も再び多く書かれるようになっている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーボエ[oboe / ob]の関連キーワードアウロスオーボエ管楽器篳篥ファゴットイングリッシュホルンリード楽器オーボエダモーレギャリンダブルリード

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone