コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーメイ(峨眉)山 オーメイさんEmei shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーメイ(峨眉)山
オーメイさん
Emei shan

中国南部,スーチョワン (四川) 省の四川盆地南西隅にそびえる名山。ター (大) 峨,アル (二) 峨,サン (三) 峨,スー (四) 峨の四つの山からなり,さらに大峨はチン (金) 頂,チェンフォー (千仏) 頂,ワンフォー (万仏) 頂の3峰をもつ。万仏頂が最高峰で,標高 3099m。2世紀以後,多くの仏教寺院が建てられ,晋代から普賢菩薩の霊場として知られた。登山路は「十景」と呼ばれる名勝に富む。山頂ではしばしば「峨眉宝光」と呼ばれるブロッケンの妖怪現象がみられる。気象観測所が設けられている。山腹には 3000種をこえる植物が繁茂し,銘茶の産地としても知られる。鉄とリンの埋蔵が多く,小型の製鉄所や化学肥料工場が建設され,100以上の水力発電所がある。 1996年楽山大仏とともに世界遺産の文化,自然の複合遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オーメイ(峨眉)山の関連キーワードスーチョワン(四川)盆地ブロッケン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android