コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オールスター・ゲーム all‐star game

世界大百科事典 第2版の解説

オールスター・ゲーム【all‐star game】

プロ野球の花形選手を集めて行われる対抗試合。1933年アメリカ大リーグで第1回のオールスター・ゲームが行われた。〈ベーブ・ルース(ヤンキース)がカール・ハッベル(ジャイアンツ)の球を打つような試合が見たい〉という一少年ファンのことばをヒントに,その年シカゴで行われた万国博覧会の催しとしてナショナル・リーグ対アメリカン・リーグの試合が実現した。当時を代表する好投手ハッベルはナ・リーグ,大打者ルースはア・リーグだったため,2人の対決はワールド・シリーズ以外では見ることができず,この試みは大成功だった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオールスター・ゲームの言及

【野球】より

…また,21年のワールド・シリーズからラジオ実況中継も始まり,29年にヤンキースが背番号を採用(前例はある)して新鮮味を加えた。33年には一少年の投書がきっかけで,〈夢の球宴〉といわれるオールスター・ゲームが開設された。20世紀前半の名選手にはタイ・カッブ,ベーブ・ルース,L.ゲーリッグらがいる。…

※「オールスター・ゲーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オールスター・ゲームの関連キーワードマルチネス(Pedro Jamie Martinez)ジョーンズ(Andruw Rudolf Jones)ヤング(Michael Brian Young)カーター(Gary Edmund Carter)ハンター(Torii Kedar Hunter)スミス(Osborne Earl Smith)ロドリゲス(Ivan Rodriguez)シュミット(Mike Schmidt)ウッド(Kerry Lee Wood)ワールド・ベースボール・クラシックグローブ(Lefty Grove)ギブソン(Bob Gibson)フレッシュオールスターゲームMLBオールスターゲームスコット カズミアースティーブ・ナッシュハンク アーロンピート・ローズベーブ・ルースマイク ピアザ