コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイエ・デュ・ローヌ叢書 かいえでゅろーぬそうしょ

世界大百科事典内のカイエ・デュ・ローヌ叢書の言及

【レジスタンス文学】より

…他方,42年4月に用紙統制委員会が発足し出版統制が一段と厳格化されたため,非合法出版物の刊行が盛んとなり,〈希望と拒否の文学〉が広く読まれはじめるのである。 非合法雑誌を代表するのは〈全国作家委員会〉の機関紙としてドクールJacques Decour(1910‐42),ポーランの手で42年9月創刊された《レットル・フランセーズ》であり,その他《ポエジー40》(年とともに41,42…と改称),エリュアールを中心とする《レテルネル・ルビュ》誌などがあったが,アルジェで刊行された《フォンテーヌ》誌,A.ベガンがスイスで出しはじめて50点を数えた〈カイエ・デュ・ローヌ叢書〉の果たした役割も見落としえない。また42年8月ベルコールVercors(1902‐91)の《海の沈黙》の刊行により開始された,ベルコール,レスキュールPierre de Lescure(1891‐1963),ポーランの〈深夜叢書〉は,アラゴン,F.モーリヤック,トリオレElsa Triolet(1896‐1970),カスーJean Cassou(1897‐1986),バンダ,ゲーノ,ジッドらの作品を作者を匿名として44冊世に送った。…

※「カイエ・デュ・ローヌ叢書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android