コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイガラタケ(貝殻茸) カイガラタケLenzites betulina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイガラタケ(貝殻茸)
カイガラタケ
Lenzites betulina

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。いろいろの枯れ木用材に生じるきわめて普通のもので,傘は硬く半円形,扁平で貝殻状,径2~10cm,厚さ 0.5~1cm,表面には細い軟毛を密生し,黄白色,灰褐色暗褐色と同心円状の環紋がみられる。裏面には約 1mm間隔に放射状ひだがあるが,このひだはところどころ隣のものとくっついたり離れたりして不規則である。木材を白く腐朽させる有害菌。日本各地はもとより汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報