カイゴロモ

海藻海草標本図鑑の解説

カイゴロモ

からだは非常に細く,短い糸状体。潮間帯に生息するスガイ(巻き貝の一種,サザエ科)の殻上にマット状に生育する。時にスガイの殻を完全に覆うまでに密生 する。本種はスガイの殻上に仮根を穿孔させて着生しており,その他のいかなる基質に着生する様子も確認されていない。顕微鏡で観察すると,一列に連結した 細胞糸が,互生もしくは偏生に2〜3回分枝する様子が確認できる。枝の先端は尖らない。属名「Cladophora」は女性名詞で,ギリシャ語の「clados(枝)+ phora(有する)」に由来する。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android