コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイメンソウ

海藻海草標本図鑑の解説

カイメンソウ

からだは不規則な叉状分岐を繰り返し,不定形に横に広がり,ところどころで円柱状の直立部を持つ事もある。また,分岐した円柱状の枝は枝同士の接触面で癒 着し,網目様となる。体全面には小穴がところどころに開いている。海綿(動物)と共生的な関係にある。生体は青みがかった暗緑色。手触りはざらざらとして おり,劣化したウレタンの様な固めの質感。折り曲げると破れるように折れる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android