コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイルアコーナ Kailua-Kona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイルアコーナ
Kailua-Kona

アメリカ合衆国,ハワイ州ハワイ島西岸にある保養地。コーナ (風下の意) 地区の中心集落で,大魚釣りの中心地である。 1779年 J.クックがこの地に上陸し,92年に G.バンクーバーが訪れている。現在はカメハメハ1世の邸のあったところには近代的なホテルが建ち,フリヘエ宮殿は博物館になっている。コーナ地区はコーヒーの産地で,日系人の経営する小規模な農場が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カイルアコーナの関連キーワードアメリカ合衆国カメハメハ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android