コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイルアコーナ Kailua-Kona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイルアコーナ
Kailua-Kona

アメリカ合衆国,ハワイ州ハワイ島西岸にある保養地。コーナ (風下の意) 地区の中心集落で,大魚釣りの中心地である。 1779年 J.クックがこの地に上陸し,92年に G.バンクーバーが訪れている。現在はカメハメハ1世の邸のあったところには近代的なホテルが建ち,フリヘエ宮殿は博物館になっている。コーナ地区はコーヒーの産地で,日系人の経営する小規模な農場が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カイルアコーナの関連キーワードアメリカ合衆国カメハメハ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android