カイ諸島民(読み)かいしょとうみん(英語表記)Kai Islanders

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイ諸島民
かいしょとうみん
Kai Islanders

インドネシア東部、モルッカ諸島の中にあるカイ諸島の住民。他のモルッカ諸島の先住民と同様、アルフール(森の人)とよばれる。19世紀末の記録によれば、住民はすべて色黒の典型的なパプア系であり、言語はオーストロネシア語系であった。その後、西方のインドネシア中心部からマレー系移住者が流入し、両者間の混血の割合が高まった。人口は1956年の統計で約3万7000人。宣教師の活動により、一時、住民のほとんどがキリスト教化されたが、移住者の増加とともにイスラム化が進んでいる。おもな食糧源はサゴヤシであるが、料理用バナナなども栽培している。狩猟、漁労も重要な生業である。土地は、伝統的に共同体に所属しており、各個人が耕作権を保持している。移住者は島民と結婚しない限り、土地に対する権利を有することはなかった。政治体制は民主的で、強力な政治権力者は出現しなかった。[木村秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android