コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンタボア玉軸受 カウンタボアたまじくうけcounterbore ball bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウンタボア玉軸受
カウンタボアたまじくうけ
counterbore ball bearing

ころがり軸受の一種で,溝部の片方の肩を落した (カウンタボア) 外輪をもつラジアル玉軸受をいう。外輪が分離できるものとできないものとがあり,一般には分離可能なマグネト玉軸受と呼ばれるものが,主として軸受間隔の短いところに用いられる。外輪の肩が片側のみなので,一方向の軸方向の荷重しか受けられず,通常は2個相対して用いる。小型電気機器,たとえばマグネト発電機 (当初これに用いられたことからこの名がある) ,真空掃除機などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報