コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエデ糖(楓糖) かえでとうmaple sugar

翻訳|maple sugar

世界大百科事典 第2版の解説

かえでとう【カエデ糖(楓糖) maple sugar】

サトウカエデの樹液から作られる砂糖で,別名メープルシュガーという。サトウカエデはカナダ,北アメリカの北東部に植林されている高木で,初春のころ,樹幹に直径1cm,深さ4cmくらいの穴を数ヵ所あけて,管をさし込み,その先端にブリキ缶をつるす。1本の木から3週間くらいの間で,3~5%の砂糖を含む樹液が50~100l得られる。これを濃縮して,メープルシロップ,さらに蒸発濃縮して,メープルシュガーを得る。メープルシュガーははちみつのような良い風味をもつのでテーブルシュガーおよび菓子原料用に珍重されるが,高価なために,最近は普通の砂糖にメープリンなどの人工香料を加えたものが市販のほとんどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカエデ糖(楓糖)の言及

【カエデ(楓)】より

… カエデ属Acerは北半球の温帯を中心に約160種が分布し,街路樹や庭園樹として賞用されるほか,大木になるものには有用材を産出するものも多い。また北アメリカに分布するサトウカエデは春に樹幹に切傷をつけ,流出する樹液を煮つめてカエデ糖を採取する。イタヤカエデの樹液も1.3~1.8%の糖を含む。…

【サトウカエデ(砂糖楓)】より

…カナダのケベック地方からアメリカのテキサス州,ルイジアナ州にいたる北アメリカ東部に広く分布し,五大湖地方に多い。樹液からカエデ糖が得られる。カナダの国旗にはこの木の葉が1枚描かれている。…

※「カエデ糖(楓糖)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android