カオジロムササビ(読み)かおじろむささび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カオジロムササビ
かおじろむささび / 顔白
red-and-white giant flying squirrel
[学]Petaurista alborufus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目リス科の動物。東南アジアに産する大形のムササビの一種。前肢と後肢の間に飛膜をもつ。台湾、中国南部、アッサム、ミャンマー(ビルマ)、タイの森林にすむ。体長58センチメートル、尾長43センチメートル、後足8センチメートル。体色は背面が灰色がかった白と赤、腹面は淡く鈍い黄色で、のどにかけて白みを帯びるのが特徴である。目の周りに黒い縁どりがある。樹上生で高所の樹洞、ときに石灰石の岩の洞に巣をつくる。1産1子。[今泉吉晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカオジロムササビの言及

【ムササビ(鼯鼠)】より

…母子関係は緊密で,離乳後も1年近く採餌に連れだって出掛け,巣を共に過ごす。カオジロムササビP.alborufus,オオアカムササビP.petauristaなどのよく似た近縁種が台湾から東南アジアにかけて広く分布する。【今泉 吉晴】。…

※「カオジロムササビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android