コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキいかだ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カキいかだ

竹を縦横に組みあわせ、針金で固定し、発泡スチロール製の浮き(フロート)を取り付けた養殖用の道具。沖合漁場を確保できるうえ、スギヒノキなどと比べても風や波に強く、費用も安いことから、戦後のいかだが急速に普及した。広島県ではおおむね10×20メートル前後が標準サイズ。宮城県では、7×14メートルと半分程度が主流という。

(2011-06-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カキいかだの関連情報