コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カクモンハマキ(角紋葉巻) カクモンハマキArchips xylosteanus

世界大百科事典 第2版の解説

カクモンハマキ【カクモンハマキ(角紋葉巻) Archips xylosteanus】

鱗翅目ハマキガ科の昆虫(イラスト)。幼虫がリンゴ,ナシ,ナラ,シラカンバなどの広葉樹に寄生する害虫として知られている。食樹の葉を先端から筒状に巻いて食べる。成虫は開張2cm内外。年1回初夏に出現し産卵し,卵のまま越冬して,翌春幼虫が孵化(ふか)する。寒冷地のガで,北海道,本州からヨーロッパまで分布する。同属には,リンゴモンハマキA.breviplicanus(リンゴ,ナシ,クワ,ダイズなどに寄生),ミダレカクモンハマキA.fuscocupreanus(リンゴ,ナシ,サクラなどに寄生),シリグロハマキA.nigricaudanus(リンゴ,ナシ,カキなどに寄生)など数種あって,果樹園の害虫として重要なものを含んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android