コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゴタケ(籠茸) カゴタケIleodictyon gracile Berk.

世界大百科事典 第2版の解説

カゴタケ【カゴタケ(籠茸) Ileodictyon gracile Berk.】

担子菌類腹菌目アカカゴタケ科のキノコ(イラスト)。大まかにいえばスッポンタケの仲間で,はじめは柔らかい皮で包まれた爬虫類の卵を思わせるが,皮を破って伸び出た子実体は悪臭の強い黒ずんだ粘液質の胞子のかたまりをつけるという共通の特徴がある。カゴタケの子実体は10~15のかご目をもったまるいかご形,皿状に開いた殻にのり,直径4~5cm,白色。秋,雑木林などの地上に生えるが,ややまれ。オーストラリアでも知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android