コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサスグランデス Casas Grandes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサスグランデス
Casas Grandes

メキシコ北西部,チワワ州北西部の町。州都チワワの北西約 270km,カサスグランデス川西岸に位置する。 1661年頃スペイン人により建設されたが,当時この河谷一帯はインディオのスマ族の居住地であった。町の名はスペイン語で「大きな家」を意味し,この町の南にある多層建ての建築物をもつ広大な町の遺跡に由来。この町は 1050年頃建設され,1340年頃焼き払われたと考えられるが,その後 16世紀半ばに東からやってきたスマ族が住みついたらしい。 20世紀半ばの発掘作業により 700年頃にまでさかのぼる4層にわたる集落跡も出土しており,1998年世界遺産の文化遺産に登録。周辺一帯では綿や穀物の栽培,牧畜が行なわれる。 1897年対岸に鉄道駅として建設された町ヌエボカサスグランデスから道路が通じる。人口1万 678 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android