コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザレの別荘 カザレのべっそう

1件 の用語解説(カザレの別荘の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カザレのべっそう【カザレの別荘】

イタリア南部のシチリア島第2の都市カターニャ(Catania)近郊にある、古代ローマの遺構。同島の中心都市パレルモ(Palermo)からはバスで2時間ほどの場所にある。3~4世紀ごろに建設された別荘で、その所有者はアフリカとの交易を行っていたローマ人の貿易商と考えられている。敷地面積は3500m2で、古代ローマの遺構としては同島最大級である。北イタリアの職人の手であろうと推定されている見事なモザイクの床が残っている。◇正式名称は「Villa Romana del Casale」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザレの別荘の関連キーワードチェファルーアレトゥーザの泉ウルシーノ城オルティジア島カターニア大聖堂カタコンベデイカプチーニセジェスタソルントパンタリカプレトリア広場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone