コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシオペイウム かしおぺいうむ

世界大百科事典内のカシオペイウムの言及

【ルテチウム】より

…周期表元素記号=Lu 原子番号=71原子量=174.967地殻中の存在度=0.50ppm(58位)安定核種存在比 175Lu=97.40%,176Lu=2.60%融点=1652℃ 沸点=3327℃比重=9.872電子配置=[Xe]4f145d16s2 おもな酸化数=III周期表第IIIA族の希土類元素に属するランタノイドの一つ。1907年フランスのG.ユルバンは単一と思われていたイッテルビウムから新元素を発見し,パリのラテン古名Lutetiaにちなんでルテチウムと命名したが,ほとんど同じころオーストリアのC.F.A.vonウェルスバハも同じ新元素を発見し,カシオペイウムcassiopeiumと命名した。その後いろいろな過程があったが,現在ではルテチウムが正式名として採用されている。…

※「カシオペイウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カシオペイウムの関連キーワードコペルニシウムルテチウム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android