コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシミール・シバ派 かしみーるしばは

世界大百科事典内のカシミール・シバ派の言及

【シバ派】より

…なお,この派の神学上の学問的な業績としては,シュリーカンタŚrīkaṇṭha(14世紀?)が《ブラフマ・スートラ》に対して著した注釈書《シャイバ・バーシャ》が有名である。(2)カシミール・シバ派 とくにカシミール地方を中心に勢力をもったこの派は,トリカとも称せられる。もとは,上述の聖典シバ派と同じ聖典をいただいていたようであるが,9世紀にバスグプタが《シバ・スートラ》を著してから,不二一元論の傾向を強めていき,その弟子バッタ・カッラタとソーマーナンダによって,神学的な基礎が形づくられた。…

※「カシミール・シバ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報