カシュガル・ルバーブ(読み)かしゅがるるばーぶ

世界大百科事典内のカシュガル・ルバーブの言及

【ラバーブ】より

…撥弦楽器のラバーブもあり,中央アジアから中国の新疆ウイグル自治区にかけて椀形の共鳴胴に羊または蛇皮を張った長い棹のリュートがやはりこの名で呼ばれている。カシュガル・ルバーブ,シュグナン・ルバーブ,パミール・ルバーブがそれであり,中国語では〈熱瓦普〉〈熱布卜〉などと表記される。これらはみな撥弦楽器である。…

※「カシュガル・ルバーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android