コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カジミエシュ・ヤギエロンチク かじみえしゅやぎえろんちく

世界大百科事典内のカジミエシュ・ヤギエロンチクの言及

【ポーランド】より

…ポーランドとリトアニアの同君連合は,1410年,早速ドイツ騎士団に対する勝利として実を結ぶことになった(グルンワルトの戦)。さらにカジミエシュ・ヤギエロンチクKazimierz Jagiellończyk(1427‐92)の時代に戦われたドイツ騎士団との十三年戦争(1454‐66)の結果,グダンスクのある東ポモジェ地方を王領プロイセンとしてその保護下に置いたポーランド王国は,大量のライ麦をビスワ川によってグダンスクまで運び,これをオランダやイギリスの商人に売り渡すことで空前の繁栄期を迎えることになった。その主役を演じたのがシュラフタである。…

※「カジミエシュ・ヤギエロンチク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android