コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスタナキス Kastanakis, Thrassos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスタナキス
Kastanakis, Thrassos

[生]1901. イスタンブール
[没]1967
ギリシアの作家。長年パリに在住,プシハリスの後継者として東洋語学校に勤務。政治小説にすぐれ,作品としては『夜と恋のパリ』 To Parisi tis nychtas kai tou erota (1929) ,『人間の種族』I fyli ton anthropon (32) などのほか,1933年から『ギリシアの地』 Ellinika chomataと題する一連の小説集を刊行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カスタナキスの関連キーワード[各個指定]芸能部門常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)シカゴ・ホワイトソックス小松(愛媛県)内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オークランド・アスレチックス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android