コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスタナキス カスタナキスKastanakis, Thrassos

1件 の用語解説(カスタナキスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスタナキス
カスタナキス
Kastanakis, Thrassos

[生]1901. イスタンブール
[没]1967
ギリシアの作家。長年パリに在住,プシハリスの後継者として東洋語学校に勤務。政治小説にすぐれ,作品としては『夜と恋のパリ』 To Parisi tis nychtas kai tou erota (1929) ,『人間の種族』I fyli ton anthropon (32) などのほか,1933年から『ギリシアの地』 Ellinika chomataと題する一連の小説集を刊行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カスタナキスの関連キーワード小松(愛媛県)正岡子規グアンタナモ基地ダルビッシュ有貴ノ浪貞博パリ協定スズキ相良工場北上市の企業誘致県内の児童虐待などの現状検視と死因究明

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone