コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスティリャーノの定理 かすてぃりゃーののていり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスティリャーノの定理
かすてぃりゃーののていり

弾性体のひずみエネルギーと変形との関係を述べたもの。ひずみエネルギーを荷重で微分したものが、その荷重方向の変位を与えるという定理。イタリアの技術者カスティリャーノC. A. Castigliano(1847―84)が、トリノ工科大学での学士論文で述べたあと、1879年に完全な証明に数値例をつけて発表し、その有用性が認められた。構造物の変形や、構造物に働く未知の外力を求めるのに有効である。弾性問題解法の重要な定理として現在も広く応用されている。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android