コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステル-デルモンテ カステルデルモンテ Castel del Monte

1件 の用語解説(カステル-デルモンテの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カステルデルモンテ【カステル-デルモンテ】
Castel del Monte

アドリア海に面したイタリア南部の港町バーリ(Bari、プーリア州の州都・バーリ県の県都)近郊の町アンドリア(Andria)にある城。標高540mの丘陵(きゅうりょう)に白い石造の城郭が建っている。この城は13世紀、当時イタリアを統治していた神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ2世が建てた。イスラムと北方ヨーロッパゴシック様式ミックスした城で、全体が八角形をしていて、8つの塔に8つの八角形の中庭と、「8」づくめの城である。何のために建設され、どういう目的で使用されたかは不詳。世界遺産文化遺産)に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カステル-デルモンテの関連キーワードチェファルーイタリア半島アブルッツォオレビッチコルチュラストモレソリンタルティーニ広場アドリア海の復讐プーリア[州]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone