カストロ(読み)かすとろ(英語表記)Eugénio de Castro

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カストロ(Eugnio de Castro)
かすとろ
Eugnio de Castro
(1869―1944)

ポルトガルの詩人。名門の出身。パリでフランスの象徴派詩人と交わり、象徴詩を研究、詩作した。自国の伝統的な作詩法を不満としてその改革を試み、帰国の翌年、詩集『夫婦対談』(1890)を発表してポルトガルに象徴詩を紹介した。ほかに散文詩『ベルキス』、劇詩『サグラモール』などがある。[濱口乃二雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カストロの関連情報