カストロ(読み)かすとろ(英語表記)Eugénio de Castro

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カストロ(Eugnio de Castro)
かすとろ
Eugnio de Castro
(1869―1944)

ポルトガルの詩人。名門の出身。パリでフランスの象徴派詩人と交わり、象徴詩を研究、詩作した。自国の伝統的な作詩法を不満としてその改革を試み、帰国の翌年、詩集『夫婦対談』(1890)を発表してポルトガルに象徴詩を紹介した。ほかに散文詩『ベルキス』、劇詩『サグラモール』などがある。[濱口乃二雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カストロの関連情報